2016年09月13日

wil::ResultExceptionって何?

Microsoft C++ の例外: wil::ResultExceptionって例外がでるようになった。
元々Visual Studio 2012でコンパイルしていたのを、Visual Studio 2015に替えたから?でも替えたの結構前だしな〜。
動作上特に問題は無いように見えるけど、でも例外なんか気持ち悪いし。

で、Visual Studio 2015で新規でMFCプロジェクト作って実行してみる。
あら?やっぱり出た。
いつからこれ出てるんだ?

とりあえずデバッガで例外ひっかけてみたら、thrdcore.cpp 188行目の
::DispatchMessage(&(pState->m_msgCur));
って所でる。

MFC内だから、そのうちMSさん直してくれるかな?

とりあえずメッセージとしては、WM_TIMER っぽい。WM_ACTIVATEかも?

えーと、どうしようかな?
とりあえずこんなことして遊んでる場合ではないので、ほおって置くことにしよう。
posted by k63 at 20:37| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 【パソコン】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。